真麻の日記|ペットに対するお悩みや疑問や健康、美容に関するお悩み、ニュース、ファッション、グルメなど、幅広く紹介していきますね~!

真麻の日記では、ペットに対するお悩みや疑問、適切な餌選び、しつけ方法や飼い方などや健康に関するお悩み、腸内環境、生理不順、めまい、貧血、睡眠障害、汗などや美容に関するお悩み、乾燥、しみ、しわ、肌荒れなどの症状緩和方法、他芸能ニュース、トレンド情報など幅広く紹介しています。

この画面は、簡易表示です

2017 / 12月

人とペットの快適生活

野生では力のない動物は先立ち敵の的となるため、病み患いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場所に隠れて治るのを待ちます。この習性はネコももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を暗ますのでしょう。猫は盛りだくさんの顔や態度、ボディーランゲージを駆使して、わたしたちに呼び掛けています。ニャンニャンとの接触を楽しむために、ネコ語をきちんと読み取りましょう。ワンコたちには家宅を選んだり、食べる物を選んだり、したいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が何もありません。飼い主さんに出来ることといえば、言葉に出せないイヌの身になって人生を果たさせてあげることが大切です。人と同じで、わんちゃんにも栄養のバランスは大変大事なことで、ドッグフードの品質においては値段だけで決まるわけではなく、高価だから質が良い、低価格だから危ない、というわけではありません。飼い主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどの位入っているかをわかっておかなくてはいけません。ねんねこ同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は領分が手広いので、受け入れられない相手がいれば触れ合うことを回避できますが、限られた空間で生活する室内飼いにゃんこの場合はそううまくいきません。野生のワンワンは、群れで生活し、協調して獲物を取っ捕まえ、集団内の社会的順位に奉じて獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、いっせいに大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。一群で過ごすドッグにとって飼い主はリーダですが、本来単独で活動する猫にはそのような認知はありません。ニャンコにとって飼主とは、ひと言でいえば、いろいろなことをしてくれる気持ちが楽な同居人という印象でしょうか。わんちゃんは人につき、猫は家処につくと伝えられていますが、これはニャンニャンが自分の島を他の何ものよりも大切にし、環境の変易を気に入らないことを語った言葉です。ねんねこのこの性合いは、野生時代から叩き上げられた規制です。慌ただしいときに限ってというのはニンゲン所感で、ニャンコにはそんなつもりはぜんぜんありません。そわそわととびまわる飼主の足に狩猟本能が揺さぶられて、つい引っ付きまわったり、食らいついたりしてしまっただけのことです。わんこのおもちゃのほとんどは、飼主がいないときに与えてしまうと危ないものです。とくに布製のおもちゃは、あっさり全壊してしまい、犬だけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても誤飲してしまうことがあります。ネコは基本的に自分の気持ちで触られるのを願うので、だらだらとなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好きなニャンニャンでも、しつこくされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。夕ぐれや深更になると部屋中を慌ただしいスピードで跳ね回ったり家具の上に跳び乗ったりするキャットはすくなくありません。ストレスや運動不足からおきる異常な行いではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な態度です。状態が悪いわけでも、状況が変わったわけでもないのに大好物を前触れなしに食べなくなるケースも間々ありえます。ねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎回同じ獲物に出っ交すとは限らないので、時として違う食べ物を必要とすることもあります。ワンちゃんが病気になってしまったときは、その状況の改善や進行を遅らすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を食べさせることが必須となります。これは責任ではありませんが、わんこに少しでも長く生きてほしいと考えるならば、特別療法食を与えることが現在の状態では正しい選択です。猫にフードをあたえても食べずに、砂をかけるような仕草をして散らかす。ゴハンが気に食わないの?と悩んでしまいますが、これはネコの本能による行動で、この特性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。

チワワが好む餌は?



ペットの謎について

イヌのおもちゃの大半は、飼い主がいないときに与えてしまうと危険性をともないます。

特に布製のおもちゃは、苦も無く破けてしまい、犬だけの環境の中で与えてしまうと、食べるつもりがなくてもなんとなく遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

コンディションが悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも時としてありえます。

ねんねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年がら年中同じ獲物に出あうとは限らないので、ときどき違う食べ物を必要とすることもあります。

ワンコたちには住家を選んだり、好きな食べものを選んだり、してみたいことを好きな時間にするなどの自由が何もありません。

飼主に出来ることといえば、言葉に出すことができないわんこの身になって一生を成しとげさせてあげることが大切です。

簇で毎日を送るわんわんにとって飼主はボスですが、本来単独で毎日を過ごす猫にはそういう認識はありません。

ネコにとって飼い主とは、ひと言でいえば、色々なことをしてくれる遠慮のない同居人という感触でしょうか。

野生のドッグは、集団で生活し、共力して獲物を捕獲し、集団内の社会的順位に服して獲物を割り当てて食べていました。

獲物を毎日捉まえられるとは限らないので、一気にとても沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

キャットは大体自分の心情で触れられるのを好むので、くどくなでられるのを嫌がります。

また、触られるのを好き好むねんねこでも、何度もされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。

野生では元気がない動物はいの一番に敵のターゲットとなるため、病み患いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場所に隠れて癒えるのを待ちます。

この特徴は猫ももっており、具合いが悪くなると縁の下や物置などに身をひそめるのでしょう。

にゃんこ同士にも相性があります。

野生のにゃんこの場合は勢力範囲が広範囲なので、気に入らない相手がいれば接することを逃げられますが、限られた空間でやっている室内飼いにゃんにゃんの場合はそうはいきません。

にゃんにゃんにご飯をあたえても食べずに、砂をかけるような動きをして引っ散らかす。

ゴハンが好きじゃないの?と心掛かりになってしまいますが、これは猫の本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。

ネコは広範囲にわたる面様やしぐさ、ボディーランゲージを使って、私たちに話し掛けています。

ねんねことの伝達を楽しむために、ねこ語をきちんと理解しましょう。

日没や夜更けになると部屋中を強烈なスピードで駆けずり回ったり家具の上に跳びあがったりするニャンコはすくなくありません。

ストレスや運動不足から起こる異常行動ではと案じる方もいると思いますが、これは多くのねこに見られるごく自然な素行です。

多忙なときに限ってというのはペットオーナー考えで、ねんねこにはそんなつもりは断じてありません。

落ち着かない様子で歩き回る飼い主の足に狩り本能が揺り動かされて、つい引っ付きまわったり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

わんちゃんが病気と診断されたときは、その症状の改善や進行を遅らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食を食べさせることが必要となります。

これは責務 ではありませんが、いぬに健やかに長生きしてほしいと考えているならば、特別療法食を与えることが現在の段階では確実な選択です。

ニンゲンと同じように、犬にも栄養のバランスはたいへん大切なことで、ドッグフードの品質においては価格だけで決定するわけではなく、高価だから質が良い、安価だから悪い、というわけではありません。

飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどんだけ入っているかを知っておかなくてはいけません。

わんこは人につき、キャットは家につくと伝達されていますが、これは猫が自分の島を何をさておいても大切にし、環境の変替を快く思わないことを書き表した言葉です。

ニャンコのこの気質は、野生時代から鍛え上げられたルールです。

マンチカンに安全な餌をお探しの方はこちら




©2018 真麻の日記|ペットに対するお悩みや疑問や健康、美容に関するお悩み、ニュース、ファッション、グルメなど、幅広く紹介していきますね~! 投稿 (RSS) and コメント (RSS)  enough Theme  

top