ペットとの暮らしは楽しい!

ヒトと同じで、ワンコにも栄養のバランスは結構大事で、ドッグフードの品質は値段だけで選ぶ訳ではなく、高いからクオリティが良い、格安だから悪い、という訳ではありません。飼主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを覚えておかなくてはいけません。野生のいぬは、大勢で生活し、協同で獲物を捉まえ、群れ内の社会的順位にそって獲物を割り当てて食べていました。獲物を毎日引っ捕えられるとは限らないので、一編に大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。野生では元気がない動物は先に敵のいいカモとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な処に隠れて快復を待ちます。この特殊性はねんねこももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのでしょう。いぬが病気とわっかたときは、その状態の改善策や進行ぐあいを後らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必須となります。これは責任ではありませんが、わんちゃんに長く生きて欲しいと思うならば、特別療法食を与えることが現在の状況では最良の選択です。具合が悪い訳でも、事情が変わった訳でもないのに大好物を唐突に食べなくなるケースも時々あります。ニャンニャンは食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)に拘りが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に出あうとは限らないので、時おり違う食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を欲しがることもあります。怱怱たるときに限ってというのはひと存意で、ニャンニャンにはそんなつもりは全くありません。忙し沿うに跳びまわる飼い主の足にハンティング本能が乱されて、ついついて回ったり、飛びついたりしてしまっただけのことです。にゃんにゃんにフードをあたえても食べずに、砂をかけるような動作をしてばらまく。ゴハンが気に食わないの?と思い悩んでしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。ねこはがんらい自分の思いで触れられるのを願うので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むねこでも、ダラダラとされるとコミュニケーション図りたがらなくなってしまうのでなで方のポイントを解っておいてください。犬立ちには家を選んだり、好きな食べものを選んだり、トライしてみたいことを好きな時間にするなどの自由がいっさいありません。飼主に出来ることといえば、言葉に出すことができないわんこの身になって一生を全う指せてあげることが大事です。わんわんのおもちゃの殆どは、飼い主さんがいないときに与えてしまうと危険性があります。中でも布で出来ているおもちゃは、簡単に壊れてしまい、わんちゃんだけの環境の中で与えてしまうと、食べる気がなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。夕刻や夜遅くなると部屋中を慌ただしいスピードで跳ね回ったり家具の上に駆け乗ったりするねこはすくなくありません。緊迫状態や運動不足から起こる異常な振る舞いではと不安に思う方もいると思いますが、これは多くのにゃんにゃんに見られるごく自然な素行です。ニャンニャンは盛りだくさんの顔つきや素振り、ボディーランゲージを以って、吾輩に話しかけています。にゃんことの接点を楽しむために、にゃんこ語をきちんと分かってあげましょう。ねんねこ同士にも相性があります。野生のキャットの場合は版図が大きいので、気に食わん相手がいれば接することを逃れられますが、限られた空間でやっている室内飼い猫の場合はそんなにうまくいきません。ワンコは人につき、ニャンニャンは住まいにつくと?言われますが、これはにゃんにゃんが自分の支配圏を他の何ものよりも大事にし、環境の変化を好かないことを示した言葉です。ねんねこのこの天質は、野生時代から育てられた規則です。集団で毎日を過ごすイヌにとって飼い主はリーダですが、本来単独で毎日を送るネコにはそのような認識はありません。にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、イロイロなことをしてくれる気楽な同居人という思いでしょうか。

アメショー 餌