犬は人のボディーガード

人間と同じで、わんこにも栄養のバランスはきわめて大切なことで、ドッグフードの品質においては価格だけで決まるワケではなく、高いからクォリティーが良い、安いから怪しい、というワケではありません。飼い主さんはそのドッグフードの中に、どういうものがどの程度入っているかを知っておかなくてはいけません。

一群で生きるいぬにとって飼い主はリーダですが、本来単独で過ごすねんねこには沿ういう認識はありません。
ねこにとって飼い主とは、ひと言でいえば、種々のことをしてくれる気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が楽な同居人という思いでしょうか。
わんこ立ちには住居を選んだり、好みの食べものを選んだり、トライしたいことをあいている時間にするなどの自由が丸っ切りありません。

飼い主さんに出来ることは、言葉が話せないワンワンの身になって人生をやり遂げさせてあげることが大切です。ねこは元来自分の心情で触られるのを好むので、執拗になでられるのを嫌がります。また、触られるのが好きなニャンコでも、いやと言うほどされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをマークしておきましょう。ニャンコ同士にも相性があります。
野生のねこの場合は勢力圏が手広いので、好かない相手がいれば接触を回避できますが、限られた空間で生きている室内飼いニャンコの場合はそんなに上手にいきません。

日暮れや深更になると部屋中を激しいスピードで跳びまわったり家具の上に跳ねあがったりするねこはすくなくありません。ストレスや運動不足(現代人は運動不足の人がほとんどでしょう。運動不足は生活習慣病や肥満にも繋がるといわれています)が素因の異様な行動ではと不安に思う方もいると思いますが、これは多くの猫に見られるごく自然な態度です。

イヌは人につき、ニャンニャンは家宅につくと知らせられていますが、これはねんねこが自分の領分を何をさておいても大切にし、環境の変移を嫌うことを表した言葉です。ニャンコのこの資性は、野生時代から鍛えられた規程です。

野生では力のない動物は先立ち敵のいいカモとなるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて治りを待ちます。この特有性はネコももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。

野生のいぬは、群れで生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)し、共力して獲物を捕獲し、大勢内の社会的順位に服して獲物を取り分けて食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、いっせいにあまたの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。わんちゃんが病気とわっかたときは、その状態の改善方法や進行を遅らせていくためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必須となります。
これは義理ではありませんが、愛犬に長生きして欲しいと考えるなら、特別療法食を与えることが現状況では確実な選択です。多忙なときに限ってというのはヒト所見で、猫にはそんなつもりはぜんぜんありません。落ち着かない様子で跳びまわる飼い主の足に狩る本能が興奮して、つい付きまとったり、抱きついたりしてしまっただけのことです。具合が悪いワケでも、環境が変わったワケでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも往々にして見られます。
キャットは食べ物に拘りが強いものですが、自然界ではいつも同じ獲物に出っくわすとは限らないので、ときどきちがう食べ物を欲する事もあります。

イヌのお持ちゃの大概は、飼主がいないときにあげてしまうと危険性をともないます。なかでも布製のお持ちゃは、手もなく 破壊してしまい、わんこだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくても気づいたら飲み込んでしまうことがあります。にゃんにゃんは盛りだくさんの顔の表情や動き、ボディーランゲージを使って、私立ちに話し掛けています。

ニャンコとの接触を楽しむために、ネコ語をきちんと汲み取りましょう。

にゃんこにごはんをあげても食べずに、砂をかけるような挙動をして引っ散らかす。

ゴハンが好みじゃないの?と気になってしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、酷似したニオイに対しても現れるのです。

トイプードル 餌