愛犬にしつかが効かない本当の理由

野生のわんわんは、大群で生活し、協働で獲物を生け捕り、一群内の社会的順位に順守して獲物を取り分けて食べていました。獲物を毎日生け捕れるとは限らないので、ともに数多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。人間と同じで、ワンコにも栄養のバランスはたいへん大切で、ドッグフードの品質は値段だけで決定する理由ではなく、高いからクォリティーが良い、格安だから悪い、という理由ではありません。飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどんなに入っているかを認知しておかなくてはいけません。わんこは人につき、ニャンニャンは住家につくといわれていますが、これはニャンコが自分の支配圏を他の何よりも大切にし、環境の遷移を嫌な事を表した言葉です。ねここの稟質は、野生時代から鍛えられた規程です。

わんこ立ちにはお家を選んだり、食べる物を選んだり、したいことを好きなときにするなどの自由がぜんぜんありません。

飼主に出来ることといえば、言葉の話せないわんこの身になって人生を全う指せてあげることが大切です。野生では弱った動物はいち早く敵の獲物となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて回復を待ちます。この特有性はねこももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を被い隠すのでしょう。

具合いが悪い理由でも、環境が変わった理由でもないのに大好物をパタリと食べなくなるケース持ときどきありえます。

ねんねこは食べ物に拘りが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出っ交すとは限らないので、時としてちがう食べ物を欲することもあります。

猫同士にも相性があります。野生の猫の場合は島が広いので、気に食わない相手がいれば触ることをかい潜れられますが、限られた空間で暮らす室内飼いニャンコの場合はそんなうまくいきません。

ニャンニャンに食事をあげても食べずに、砂をかけるような動きをして散らかす。食事が気に食わないの?と気づかってしまいますが、これはネコの本能による行動で、この気質は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。ワンワンのおもちゃの大概は、飼い主がいないときに与えてしまうと危ないものです。

とり理由布で出来ているおもちゃは、軽軽破壊してしまい、わんわんだけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

日没や夜遅くなると部屋中を慌ただしいスピードではしゃぎまわったり家具の上に飛跳ねたりするにゃんにゃんはすくなくありません。ストレスや運動不足から起こる異常な振る舞いではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのニャンニャンに見られるごく自然な素行です。

ミニチュアダックスフント カナガン